楽天デビットと楽天ポイントの関係


楽天ポイントでマックのタダ食い

ここ一年くらいの間に楽天ポイントが毎月溜まっており、このポイントが消化しにくくどうしたものかと思っていた。

とりあえず、楽天ポイントは現金化もできるらしいが、そのためには月間ポイントゲット量のハードルがあってそれができずに忸怩たる思い。


楽天にあるショップであれば、このポイントを現金と同じく使えるが、特に欲しい物もなく、その上なにせ実店舗で使える店が少ない。

楽天での買い物が多い人は同じようなくだらない悩みがないだろうか?
あ、いや楽天でよく買い物をする人はポイントの消化も楽か・・・

それでもとりあえず最寄りではマクドナルドがあり、私はそこでポイントを消化することを余儀無くされていた。

そしてマクドナルドでもバカな買い物はせず、コスパが最も良いであろう、チキンクリスプ、それから単なるハンバーガー、どちらも税込100円。これらを一個づつ注文して合計200円也。これだけで暇で初老な親父の昼飯にはなってしまった。

どう考えても他の売れ筋商品であろうメニューは高額すぎると思える。

そんなこんなでこの一年近く、楽天ポイントだけでマクドナルドのタダ食いで1万円近くは消費しただろうか。

私としてはなんともバカな話で、さして食いたくもないマクドナルドをポイント消化のために使っていたわけだ。

楽天銀行口座のデビットカードを作る

楽天銀行に口座を開き、デビットカードを作るとそれだけで楽天ポイントが付くというキャンペーンがあった。それで楽天ポイント200円分ゲット。これでまたマックのタダ食い一回分である。まあ、あほらしくあるが。

そしてとりあえず、スマホに楽天銀行アプリを入れておく。最近は指紋認証とか顔認証が普通であって、ログインも簡単、セキュリティーもまずまずだろう。

楽天銀行APP画面

楽天デビットと楽天ポイントの連携、できるじゃん!

で、ふと楽天銀行アプリの画面から「カード利用状況」を開けてみる。

すると何?

「楽天銀行デビットカードポイント利用設定」という項目が。

なんだこれ?と思って開けると、なんのことはない、楽天ポイントをそのままデビットカードのクレジットとして使えるではないか!

買い物をしてこの楽天デビット付きカードで支払うと、口座にある金でなく楽天ポイントでの支払いができてしまうのだ。

これって早い話が楽天ポイントの現金化にほぼ等しい。

デビットカード決済可能なところであれば、楽天ポイントがそのまま使えるではないか!

しかし、これってあまり表立って説明されていないと思うのだがどうだろう?

時折見かける楽天銀行のバナー広告にはこう謳われている。



しかし・・・

まずは楽天銀行のPC用サイトでは発見できない(存在未確認)。

また楽天ポイントのアカウントページでもこの方式について説明はないみたい(存在未確認)

もしかしたら、楽天としてはこの方式をあまりおおっぴらにしたくないのだろうか?

なんとなくそんな気がする。

気づいた人だけひっそりと使ってね・・・そんな感じのシステムなんだ。

まあ、それでも個人的なサイトでこの使い方は多数紹介されているのは確か。だが楽天自体が大声で言っていないのは何か理由がありげ。

ちなみに、Tポイントなど現金ではない「金」が日本には恐ろしく貯まっているらしい。私は貯めるつもりはない。使えるときに使う。

コメント


認証コード0730

コメントは管理者の承認後に表示されます。