ルースニング求道者と出会う

インジケーター&ファールドリーダー

勤労感謝の日、ぶらりと淀川散歩に出るとフライロッド片手に歩く人が。

声をかけてみると新ロッドのテストと言われる。11f、#4のスイッチロッドというマニアな道具。(ん?もしやriver peak のロッドでは)

なにせフライ愛好者としての出会いが少なく、話をしてみた。(ありゃ!えらくご近所さんである)

それによると氏はルースニングの研究をしており、インジケーターは全て自作。氏の車に行くと、おびただしい数、タイプの手作りインジケーターが。これまでにこんなに多数のインジケーターはショップでも見たことがないほどに。

「そこまでするか!」というツッコミ様である。

その上に、まだ見たこともなかった「ファールドリーダー」が。これもおびただしい数だ。

まいりました・・・

迷わず、12/2のMeetup Flyfishing fans osaka のことをお伝えしておいた。

別れ際、氏の手製インジケーター各種とファールドリーダーをいただいた。

ありがとうございます!

コメント


認証コード9305

コメントは管理者の承認後に表示されます。