Jeditからmiへ

今回は直接にフライフィッシングと関係ないが、フライマンのパソコン日記。

自分自身の業務全体は、なにせこのMac一台にかかっている。

さて、macOSをHigh Sierraから最新版のMojave(10.14)に更新した時は問題がなかったJedit X (2.56)だが、Mojaveが更にマイナーVerUPで10.14.1になると、編集画面上でカーソルの表示が消え、実質上は使用不能に。

2018-11-08 16

こりゃもう限界。32bitのアプリはもう捨ててくださいということ。

もちろん、ずっと前に64bit対応のJedit Ω が出ているわけだが、なんとか動くならとJedit Xを使い続けてきた。

Jeditは10年以上使っているエディタなので捨てる気にもなれずΩに移行かと思っていたが、今一度と無料のエディタである mi について調べた。

この mi についてはMac用ソフトとしてかなりな老舗エディタである。前々から乗り換えようかどうしようかと思いながら、今日まで引きずってきたが、よくよく調べるとJeditでやりたいことはmiで完全にカバーできることがわかった。

018-11-08 14

いやいや、ことによってはmiの方が高機能。

「あ、おや?もうmiでええがな、行けるで!」

そしてとうとうmiに乗り換え決意。すでに実践稼働中。

miは無料だが、その全機能はJeditに匹敵すると思う。

miは開発に対して寄付も可能だ。

miの情報ページへ

コメント


認証コード5962

コメントは管理者の承認後に表示されます。