High Sierra フォント設定に注意

このMacについて

Macをお使いで、かつ以前より特にデザイン系の作業をしていた方に注意喚起です。

Macをお使いの方はそのOSをHigh Sierraにアップグレードされたでしょうか?

完全なクリーンインストールでは問題ないでしょう。しかし上書きインストールや、クリーンインストール後にTime Machine から自分が使っていた環境を移行するときには要注意。

条件によっては日本語入力の作動不良、システム環境設定の「言語と地域」を起動不可(そしてシステム環境設定全体が作動しなくなる)といったトラブルが出ることがあります。(その他にもトラブルありの報告)

その条件とはFont Bookで"Kokonor"の使用をOFFにしていること。

そしてこれをONにすることで上記のトラブルは起きません。再ログインなどすることなしにその場で治ってしまいます。(が、念のために再起動はしておいた方が吉)

これはすでにAppleのサポートコミュニティに上がっている通りです。
https://discussionsjapan.apple.com/thread/110192107

私はこれが分からずに、上書きアップグレード、クリーンインストール、クリーンインストール+環境移行、アップグレード前の状態に完全修復、その為に作動しなくなったアプリの普及などで48時間程度を費やしてしまいました。(そういう人は多かったはず)

トラブルを誘発するFont Book 設定の理由

このFont Bookという仕組み、多くのMacユーザーは自分で設定を変えることはないでしょう。

Font Bookへ入って自分が使うフォント、使わないフォントをより分けてON/OFFの設定をする人は多分、バナーデザインなどで乗せ文字を作るとき、候補に上がるフォントの一覧に「使わないであろう」フォントが出てこないようにするためでしょう。

いやだってね、Macには恐ろしく多数のフォントが用意されていて、それがフォント選択のたびに候補に上がっていたら面倒ですわ。ソフト的にもローディングする負担をかけたくないし。

そして!件のトラブルを招く"Kokonor"というフォントはこれ↓

Kokonorフォント

使わんでしょう・・・・そりゃOFFにしますわ。

そしておかしなことには、他のOFFになっているフォントは本件のトラブルとはまったく関係なし!本当に"Kokonor"だけが絡んでおります。

macOS High Sierraそのものはどうか?

OS自体の動きとしては多少動きが早くなったと思えます。が、後は個々のアプリの問題です。古めのアプリは完全に動かないものもあり、いつものことながらAdobe製品ではライセンス認証に手間取ることもあり。

動作不良のAPP

  1. Jedit X
    既存ファイルをそのままクリックでは開かず。そのファイルをJeditのアイコンに重ねるなどで対応可。(動作不安定)これは Jedit Ω に変えるしかなさげ。
    追記:Jedit Xは単に再インストールで正常作動に見える。しかしながら少し使うとやはり動作不良、ファイルが開かない。不安定な感じ。
    ところが開発元へ問い合わせると問題なしの返答。何とかしなきゃ。
    2017年10月3日時点で「なんとか」した。詳細割愛。その後、Jedit X を実使用でもっとまずいこと発覚。どうもマルチファイル検索/置換の作動が怪しくなっている。これも一旦死蔵APP認定。
    代わりに前から使っている mi エディタを使用することにする。
    mi エディタ
  1. Write
    起動画面が真っ白でダメ、使えない。
    開発元に報告すると「すぐに直します」と。で、直った。
  2. BiND 7
    ファイルは何とか開くが、一定の操作でつまづくと終了以外の操作を受け付けず。このソフトはもう死蔵とする。
  3. Fireworks CS4
    ライセンス認証をクリアして何とか起動できるが、何となく動きに引っかかり感あり。
  4. Dreamweaver CS4
    まあ動いている感じ。これもライセンス認証に工夫が必要。まあCS4シリーズはAdobe自体でサポート打ち切ってますけど。

私個人としては日本語入力がかなりキビキビと快適になったことでかなりよしとします。特に自動変換はかなり使えるものになってきた感じ。日本語による音声入力も現実問題として視野に入ってくる。

それからSafariなどAppleが供給しているアプリは結構調子良いでしょう。

それにしてもこのフォントがトラブルの原因だとよく突き止めた人がいるもんだと思えますなあ。