偏光サングラス破損

破損したチタンフレームの偏光サングラス

もうかれこれ7年くらい使っただろうか、偏光サングラスのフレームが破損して玉がポロリ。

フライフィッシングにはなくてはならないサングラスだが、僕は釣り用と日常使いの物を兼用にしていた。(それもほぼ毎日である)

どこの製品か忘れたけれど、チタンフレームだったはず。しかし流石に古手のデザインでフレームが細く、金属疲労が起きたのだろう。

まあ、偏光サングラスは他に2本あるからええ。

ところで、最近の偏光サングラスってやたらフレームが太い。それだけでなくツルを折りたたんでもやたらかさばる。(カーブのきつさも関連するだろうが)

それがあるから、ベストにもう一本サングラスを持ちたいところを躊躇するんだな。

朝夕のローライト時用のイーズグリーンなど、それから日中用の少し色が濃いもの。本当はこれら二本の用意が必要だとは思う。

しかし僕の場合は一日中イーズグリーンで通すことが多いが、これは初夏の釣り場で晴天時にはちょっと遮光が足りないと思う。一日釣ると多少「炎症ぎみ」な目の疲れを感じることもある。

だから本当はフライフィッシングにはサングラス二本持ちが正解だとは思う。

メガネメーカーさんに言いたいのだが、昔みたいにもっとコンパクトなフレームを作ってもらえんでしょうか。そうでないと釣りには不便である。フライのベストには持ちにくい。

それから、フレームが折れたこのサングラス、エポキシでレンズをフレームに接着するつもり。できたら報告しよう。

追記:いやーエポキシ接着はちょっと無理。接着面が細すぎると難しいっすね。

コメント


認証コード6242

コメントは管理者の承認後に表示されます。